インフォメーション

2016/11/02

整体屋さんらしい話

皆さまこんにちは!

最近の投稿はプライベートや業務連絡的なものばかりでしたので、
今日は整体屋さんらしく、身体についての話をしたいと思います。

まずは写真をご覧ください。
20代の女性の足です。
良く見ると左右で長さが異なっていることがわかりますよね。(左足が長い)
この女性は腰痛と肩首のコリに悩まされていました。(お若いのにかわいそうに)
詳しく聞いてみると右足がしんどいとも言われていました。

ここで、よくいる整体屋さんやマッサージ屋さんは症状の出ている腰や肩などを触りますが、
当店ではそういうことはしません。まず、『その辛い症状はどこが原因なのか?』
『悪さの出発点はどこなのか?』を観察します。

写真の話しに戻りますが、原因の一つとして足の長さが左右で違うことが予想されます。
案の定、骨盤は歪んでいました。
足の長さの違いは骨盤の歪みから発生することが多いので骨盤を整えてみると、
足の長さは均等になりました。

その後、いろいろと調整をして施術が終わり、
本人に身体の感じを聞いてみると、重心が真ん中にきて安定して立てる。
腰も肩も首も全部楽になりましたぁ!
という嬉しい感想をお聞きすることができました。
不調が改善されたので表情までやわらかい感じになり、
女子力もUPしていました。

まとめますと、
このお客様は職業柄、重心を右側に置きながら仕事をすることが多かったようです。
つまり、1日の半分は右重心で生活を続けていたということです。
それにより骨盤が歪み足の長さが変わり、バランスを取るために腰や肩などで
無理な姿勢を維持していたので、不調が拡散したということです。

ここからが大事なのですが、
今回施術で歪みを正して楽になっても、
重心の問題を改善しなければもとに戻ってしまいますよね。
ですので、このお客様には仕事中もできるだけ右重心にならないように工夫する。
今まで右重心でしていた動きをできるだけ左重心にしてもらうことをお願いしました。

3週間後に来店された時には、
重心は真ん中に近い状態で、前回より楽な状態ですという嬉しいコメントをいただきました。

施術も大事なのですが、原因がどこなのかを考えて、
生活習慣を変えることが、不調の改善には近道であることを、
当店では重要視しています。

こういう考え方に共感いただける方は、
是非ゆるみやの扉を開けてくださ~い。